独学派のための参考書・問題集・参考図書データベース 学問・受験(大学受験) 超効率重視型
究極の大学受験合格勉強法
学校・授業・ノート


内容のすばらしい授業は録音して聴こう! 「授業の使い方について」


<合格する授業の聴き方>

★黒板に書きまくってなおかつ重要な話をせずに、授業もつまらなく無駄話をするという先生はどうしようもない先生ですが、なかにはすばらしい授業をする先生もいます。わたしが思うに、すばらしい先生とは(生徒をひきつけたりするような授業かどうかという質の問題は問いません)必要な部分はプリントで配布してなるべく黒板を写させる無駄な時間は排除し、口で重要なことを語る先生だと思います。そういう先生は・・・残念ながらほとんどいませんでしたが、少しはいたのでそういう内容のすばらしい授業は録音することにしました。そして学校に行くときに聴きながら通学したりしました。

★特に、数学系は黒板を使うことが多いので録音しても使えませんが、日本史世界史政治・経済などの社会科系の科目は録音する価値はあります。時代の流れなど先生が授業でしゃべってくれるのでそれは聴き流したらもったいない!ただ、まともな日本史や世界史の先生がいないのならば、本当ならば予備校などの授業を聴ければいいですが、予備校の授業は高いので、例えば社会科教科書のオーディオブックのようなものが使えます。

★また、発音のいい先生ならば英語の授業も録音する価値はあります。しかし、英語の場合はたいてい発音のまともな先生はいませんので(笑)NHK英語講座や管理人代理Dさんのお勧めする究極の英語勉強法 音源反復リスニング英語勉強法などはかなり使えます。わたしも究極の英語勉強法で紹介されているCDを使って英語の勉強をしました。

★後に書きますが、録音した授業は早聴きができます。能力を高める早聴きの術をお教えします。

<まとめ>
1:社会科系の科目は(先生にもよるが)録音して聴こう!
2:授業がダメなら予備校に通っている人は授業を録音して聴こう!
3:それもダメなら文部科学省検定教科書のオーディオブックを利用しよう!
4:通学時間を有効に利用するために使おう!
5:録音したものは速聴ができる!

目次にもどる


inserted by FC2 system