独学派のための参考書・問題集・参考図書データベース 学問・受験(大学受験) 超効率重視型
究極の大学受験合格勉強法
過去問・問題集・参考書・教科書


数学合格プラン


<落ちる数学問題集・参考書の使い方>

★教科書をシコシコと読んで、教科書が理解できずに投げ出した人。

★あるいはなんとなく教科書を理解したような気持ちになって、数学が出来るようになったと思って問題集を解いてみたら思いのほか解けなくて挫折した人。

★教科書がだめなんだと思って参考書に手を出して、読んではみたものの問題が解けるようにならなくて、また新しい問題集や参考書に手を出して・・・と言うような経験をしている人。

★こんなことで大学に受かるわけがありません!出来ないあなたが悪いのではなく教科書が悪いのです。教科書というのは本当にわかりにくい本です。私も教科書を読んでもよくわかりませんでした。

★教科書はそもそも自習用に存在するのではなく、先生の指導の下で役に立つ本です。だから、独習には向きません。教科書ほど不親切で分かりにくいものはありません。教科書は数学嫌いを要請するための悪書です!教科書は今すぐ破り捨てましょう。

★では教科書がだめなら何の参考書や問題集を使えばいいのか、迷うことと思います。参考書や問題集も正しいものを選ばないと大変なことになります。買っては、コレは自分に合わないとまた別の問題集を買い、買ってみたもののコレも合わないと友達が使っているものを買い、それもまた自分に合わないと・・・結局参考書コレクションに終わってしまうという勉強ができない子の典型的な自滅方法です。

★つまり問題集や参考書は一定の基準で選ばなければだめなのです。


<合格する数学プラン>

★そこでわたしが数学の参考書選びの基準をお教えしましょう!

0:体系的に書かれていること
1:細かにレベル別に分かれていること
2:解説が省略されていないもの(細かい計算過程が省略されていないもの)
3:同じシリーズで中学レベルから東大レベルまで引き上げてくれるもの
4:最低中学レベルまで掘り下げて解説してくれているもの
5:基礎を教科書に丸投げせずに、はじめからきっちり教えてくれるもの

0:体系的に書かれていること
★数学は積み重ねが大事な教科です。特定分野だけ出されている本を読んでも、ほかの分野についても同じような本がないと勉強が飛び飛びになって大変です。なので数学1・A・2・B・3・Cについて体系的に書かれている本が必要になります。

1:細かにレベル別に分かれていること

★中学生レベルしかない人に東大レベルの解説を書いている問題集は使い物になりませんし、逆に東大レベルの実力の人に中学レベルを細かに解説してある問題集も不経済です。だから、レベル別に丁寧に分かれている問題集が必要です。ここで、例えばチャート式のようなレベル別問題集もありますが、あの問題集もかなり大枠でレベル別に分けてあるので問題が解けない人には自信を失う原因になったりします。そこで「細かに」レベルが分かれていることが必要なのです。
2:解説が省略されていないもの(細かい計算過程が省略されていないもの)

★よく解説が詳しいなどと見出しが書いてありながら、実際買って読んでみると紙面の都合上細かな計算過程が省略されていることがあります。青チャートなんかが典型です。詳しい解説つき!なんて書いてあるので信用して買ったら、結構計算過程が省略されていると言うことが多く、数学が苦手な人にとって大きな障害となることがあるのです。

3:同じシリーズで中学レベルから東大レベルまで引き上げてくれるもの

★せっかくレベルが付いてきたのに適切な問題集を見つけることができなくて、一気に難しいものに進んで挫折すると言う生徒もよくいます。同じシリーズで完結していて、あれもいいらしい、これもいいらしいと、あっちこっちの問題集に浮気するように迷うことなく突き進むためにも同じシリーズで最低限から最高レベルまで完結している問題集であることが必要です。

4:最低中学レベルまで掘り下げて解説してくれているもの
5:基礎を教科書に丸投げせずにきっちり教えてくれるも

★多くの問題集が、中学レベルなどについては解説なしにすっ飛ばしてあったり、高校基礎レベルも、教科書に書いてあるからといってすっ飛ばして解説してある問題集などがありますが、初学者が躓く原因になります。できるだけ掘り下げて、必要なら超基礎レベルや中学レベルまで戻って解説してあるような問題集であることが重要な条件になります。







★さて、いろんな条件を挙げましたが、このような条件を満たしている参考書と言うものは正直今までありませんでした。細野シリーズのように基礎レベルから解説してあっても、全分野をマスターできなかったり、最上級レベルまでは解説してなかったり、また、チャート式のように全範囲網羅しているけど、超基礎から解説してなかったり、簡単そうに見えて難しい問題が突然出てきてなかなか解けずに挫折してしまったりと、なかなかオールマイティーにいい条件がそろっている問題集&参考書はありませんでした。

★しかし、ここ数年でとてもすばらしい数学問題集&参考書が登場してきました。
マセマシリーズ坂田アキラ 面白いほどわかる本シリーズ
です

次のページからこの2つについて詳しく見ていきましょう

目次にもどる


inserted by FC2 system