独学派のための参考書・問題集・参考図書データベース 学問・受験(大学受験) 超効率重視型
究極の大学受験合格勉強法
過去問・問題集・参考書・教科書


問題集は絞って回そう! 「問題集の選び方」


<落ちる問題集・参考書の使い方>

★勉強ができない時期は不安になるので勉強できる人が使っている問題集などを見るとほしくなり、あれもこれも買ってしまってコレクションに走ってしまいます。まず落ちる人の典型例は参考書・問題集集めをするひとです。間違いなくこういう人は落ちます。全部消化しきれないからです。わたしもその一人でした。わたしも高校初期は参考書収集家になりかけていました。


<合格する問題集・参考書の使い方>

★それを管理人代理Dさんに聴いたら、<少ない問題集を何回も回しましょう>だそうです。なのでそれに従いました。わたしも高校初期は参考書収集家になりかけていたので思い切って数冊に絞って後は捨てました。少ない問題集を何回も回すことによってパターンを習得できました。これによって数学などはどんどん成績が上がりました。

★また、頭のいい人が使っている問題集がいいとは限りません。むしろそうではない場合が多いです。頭のいい人は詳しい答えがなくてもわかりますから勉強が出来ない人がその問題集に手をつけると、答えが省略されていることなどがあり「やっぱあたしって頭悪いんだな」と気が滅入ってしまいます。なので答えは厚いもの(詳しいもの)を買いましょう。

<まとめ>
1:問題集・参考書はまずは一冊を仕上げる
2:10冊より1冊を確実に
3:調べるための参考書ならば多くあっても良い
4:頭がいい人が使っている問題集がいいとは限らない

目次にもどる


inserted by FC2 system