独学派のための参考書・問題集・参考図書データベース 学問・受験(大学受験) 超効率重視型
究極の大学受験合格勉強法
勉強の鉄則


■勉強の鉄則


<勉強の鉄則> [全般]
中学レベルもまだまともに身についてない場合


<大学受験のために中学レベルはマスターすべきか?>

★大学受験を目指してはいるものの、実は中学レベルもまともに身についていないという人がいます。効率を重視する立場から言えば中学レベルなんてやってる時間はないから中学レベルなんて無視しよう・・・と言いそうですが、ここはで違います。中学レベルに戻って中学レベルをマスターしましょう

★実はわたしも高校1年最後〜2年のころ超効率型勉強法を身につけたわけですが、その時点で中学レベルも危うい成績でした。中学レベルがまともにみについておらず、高校の内容を勉強する自信のなかったわたしは急がば回れと言うことで中学レベルを総復習することにしました。

★ここで、大学受験のための勉強の時間がもったいないから中学レベルなんて飛ばして高校レベルを勉強すべきだ・・・と考える人もいるかもしれませんが、中学レベルにも自信がないのならばここではあえて中学レベルに戻るべきだと思います。超効率型勉強法でやれば中学レベルの総復習は数日〜10日ほどで終わるからです。なので、大学受験にも支障はきたしません。また、中学レベルまでは完璧にできた!・・・と言うような自信が生まれ、その自信が大学受験にもプラスになります。なので中学レベルが不完全な人はぜひとも中学レベルをこの機に克服しましょう。

<超効率型勉強法でこなす中学レベルの総復習・・・(例:中学レベルの英文法を総復習の場合)>

★例えば中学レベルの英文法を総復習するとしましょう。中学の英文法の総復習は下の画像のくもんの中学英文法―中学1〜3年 基礎から受験まで スーパーステップが良いと思います。わたしも実は高校時代に使いました。管理人代理Dさんの書評を引用させていただきますが、この本は中学英文法の中でも定評のある本です。「くもん」と言うだけあって一歩一歩ステップアップしていけるように、構成されています。わからないとこにきたら、すぐにどこのページの戻って復習したらいいかが一目でわかる(リファラーがきちんと書いてある)ので非常にわかりやすいです。中学レベルの英文法を総復習にはもってこいの素材です。

<超効率型勉強法をするには完全主義にはならないで>

★さて、完全主義タイプの人はここで中学レベルの参考書を一番初めから読み始め、理解ができてから問題集に取り組みます。しかしそんな事は絶対にしてはいけません。ここは超効率型勉強法でパッパッっとこなさなくてはなりません。

★この本の超効率型勉強法は、まず巻末のチェックテストを利用します。そしてチェックテストをパパッとこなします。間違えても気落ちしないで結構。とにかく2〜5時間でこなします(スピードにもよりますが)。本当に基礎の基礎のチェックテストですから現在高校生の方ならばパパッとできるでしょう。そして一問一問正解をチェックします。一気にまとめてやってから一気に答えをチェックしようとするとどういう内容をやったのか忘れてしまいますので効率が悪くなります。なので一問一問正解をチェックします。

★次に、チェックテストで「間違えた部分のみ」、本冊子の解説ページを読みます。正解したところは読む必要がありません。完全主義タイプの人はここでどうしても他の部分を読みたくなってしまうのですが、ここは心を鬼にして我慢します。チェックテストにリファラーが書いてあるのですぐに本冊子の解説ページを探せます。そして解説ページを読みましょう。読んだら次のチェックテストへ。そうやって中学レベルの英文法を総復習することができます。

★できたら、1週間以内に間違えた問題だけもう一度やります。エビングハウスの忘却曲線によると

20分後 → 42%忘却 / 1時間後 → 56%忘却 / 1日後 → 74%忘却 / 1週間後 → 77%忘却 / 1ヶ月後 → 79%忘却

と言うことですのでなるべく1週間以内に間違えた問題をやったほうがいいでしょう。

★以前正解した部分はやらなくて結構です。ここでまた完全主義にならないように注意したほうがいいでしょう。間違えた問題だけやり、その中でまた間違えた部分だけ解説を読みます。そうすると大体中学レベルですから2〜3回(総時間は3〜6時間くらいでしょうか)で中学基礎文法レベルほぼ完璧レベルになります。微々たる時間であっという間に中学の基礎英文法総復習の完成です。

(以下作成中)

<まとめ>
1:中学レベルに自信がないのなら中学レベルを復習すべき
2:中学レベルの総復習は超効率型勉強法でやれば数日〜10日ほどで終わる
3:中学レベルがこなせると中学レベルまでは完璧にできた!・・・と言うような自信が生まれ、受験勉強にプラスになる

目次にもどる


inserted by FC2 system