独学派のための参考書・問題集・参考図書データベース 学問・受験(大学受験) 超効率重視型
究極の大学受験合格勉強法
超効率型勉強法開発のために非常に参考になる書籍


「試験に受かる 超効率 勉強法」


名前 「試験に受かる 超効率 勉強法」 井藤公量
特徴  ・意外とマイナーな本(著者が司法試験予備校講師ということもある)
 ・あらゆる勉強法の本の中でも最も効率を重視した勉強法を提唱している
 ・著者が元、本当の落ちこぼれ(中学浪人&浪人生活通算6年)
 ・司法試験予備校講師(P&C方式)
 ・現在岡山大学大学院法務研究科教授
注意点  ・P&C方式とは⇒過去問を中心に知識・テクニックを習得していく実践的勉強法
 ・勉強は努力だと思っている人、基礎が最も大事だと言い切る人には向きません
 ・本人は一応元落ちこぼれですが家系は優秀という点に注意
  父親は岡山大学卒の弁護士である。弟は東京大学法学部卒の財務省(旧大蔵省)の官僚らしい(Wikiより)
お勧め度 ───×───━━━△━━━───○───━━━◎━━━
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□
内容

★あらゆる勉強法の本の中でも最も効率を重視した勉強法を提唱しているのがこの本。著者は司法試験会で有名な予備校講師。あまりに効率を重視するのでおそらく勉強法というものを検討したことがない人が始めにこの本を読むと驚愕するか、あるいは拒絶反応を引き起こすかのどちらかでしょう。

★この「超効率型 究極の大学受験合格勉強法」のページも実はこの本からたくさんの影響を受けています。といいますか、管理人代理Dさんから多くの勉強法を教えてもらったわけですが、管理人代理Dさんがこの本から影響を受けているからです。実際にわたしはこの本の方法を実践しました。

★内容は、第一章が井藤公量氏の体験談。彼はもともと落ちこぼれで中学浪人&浪人生活通算6年をしています。ここが和田秀樹氏とは大きく異なるところ。ただし、彼の家系は優秀であることに注意が必要です。父親は岡山大学卒の弁護士である。Wikipediaによると弟は東京大学法学部卒の財務省(旧大蔵省)の官僚らしいです。そういう点では、親も低学歴、自分も低学歴という人は注意が必要かもしれません。

★第二章はダイヤモンドルール1「野望を胸に抱け」となっています。第三章はダイヤモンドルール2「目標の設定」。第四章はダイヤモンドルール3「手段の選択」。第五章はダイヤモンドルール4「期限の設定」。第六章はダイヤモンドルール5「勝利へのモチベーション」。第七章「テクニカルスキル」。そして最後に特別講義「受験心得」となっています。

★この本の特徴として過去の偉人の言葉などがふんだんに使われています。また参考図書も紹介されていて便利。

★あまりに内容が実践的過ぎるために、人によっては心配になる人もいるかもしれません。心配な方は基礎を積んでからこの本を読んで実践型に変えても良いかと思います。

★「再受験生が教える医学部最短攻略法」「医学部再受験・成功する人・ダメな人」などの本を出している荒川英輔氏は井藤公量氏の本が最も実践的で効率的と評価されています。

★ちなみに「試験に受かる 超効率 勉強法」の続編に「目標が現実になる勉強法」という本が出ました。この本もかなり実践的で使えると思います。過去の偉人の言葉などが面白いです。

★他に「P&C方式「速攻」司法試験突破術」(絶版)という本も出ています。


お勧め度
───×───━━━△━━━───○───━━━◎━━━
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□

★こちらは司法試験用ですが、中身は大学入試にも応用可能だと思います(ただし、読み替える能力がある人のみ。基本書を教科書と読み替えるような能力や、司法試験だけの記述は読み飛ばす能力が必要。司法試験は一生受ける事はないという人は無難な「試験に受かる 超効率 勉強法」のほうを読むといいかと思います。)。著者が司法試験予備校講師と言うだけ会って力が入っているのか、わたし個人的には司法試験突破術の本のほうがよりよくまとまっている印象を受けました。

★ただ、「P&C方式 速攻新司法試験突破術」という新司法試験に対応した本が出ているのでこちらもでいいでしょう。

目次にもどる


inserted by FC2 system