独学派データベース >> 学問・受験 >> 「英語⇔英語」 >> 4:究極のリスニング教材はなにか?


4:究極のリスニング教材はなにか?


4-1:英語通信教育は高すぎる・・・


■さて、

英語の習得のためにはリスニング『英語⇔英語』(英語をそのまま英語として理解する勉強法)が大事である

と言う事はわかりましたがどういう教材で英語を勉強すればいいのでしょうか。


■実は英語の音源でリスニングするという勉強法は、実はすでにそういう勉強法を応用した教材はこの世に存在するのです。例えば、240万人会員のいるイングリッシュアドベンチャー(http://www.academys.co.jp/)という有名な通信教育があります。イングリッシュアドベンチャーの勉強法がまさにこの方法です。

※イングリッシュアドベンチャーは誇大広告ばかり先行して、さらにあまり効果がないと批判的な人がいるそうですが、批判的な人はほとんどの場合繰り返しCDを聞いてない場合が多いのだそうです


■そして最初のほうに紹介したXさんはそのイングリッシュアドベンチャーと似た独学の方法、つまり英語のテープを何度も何度も何度も何回も何回も何回も何回も何回も聴きまくる(○)という勉強法でなんとTOEICで980/990点とったそうです。


■ただ、その人はイングリッシュアドベンチャーは買わなかったそうです。なぜイングリッシュアドベンチャーなどの通信講座を買って練習しなかったのかと聞くと、イングリッシュアドベンチャーなどの通信教育はめちゃくちゃ高いようです。高くても1〜2万と思っていたので聴いて驚いたのですが値段が高く初級・初中級・中級・上級の4コースで22万以上かかる(×)のだそうです。だからXさんも手をつけられなかったというのです。


■あまり良く知りませんでしたが、基本的にこのような英語の通信教育は高いらしいのです。自分用にいろいろ調べていたのですが、皆さんにも役立つと重い公開します。有名どころを少し調べてみたので値段をご覧ください↓

通信教育

東京SIM外語研究所 「スーパーエルマー」 http://www.tokyo-sim.com/
■CBSコース(TOEIC600以上、英検2級〜準1級程度)50400円+
  VOAコース(TOEIC600以上、英検2級〜準1級程度)47250円
  =9万7650円

イングリッシュアドベンチャー http://www.academys.co.jp/main.html
■毎月4,720円×12ヶ月(1コース)×初級・初中級・中級・上級の4コース
  =22万6560円

アルク 「ヒアリングマラソン 」
※旧『1000 時間ヒアリングマラソン』
http://www.alc.co.jp/alcshop/program/h4/trial.html
■超初級37,800円+初級52290円+中級37800円+上級52290円
   =18万0180円

アルク 「リピーティング・マラソン」
■通常コース48090円+実践コース39690円
   =8万7780円

ユーキャン 「ピンズラーアメリカ英語」 http://www.u-can.co.jp/course/data/in_html/93/special.html
■4レベルで格29000円
   =11万6000円


輸入版で買うと少し安いのですがそれでも
・Pimsleur- English I for Japanese Speakers
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0671776487/
・Pimsleur English II for Japanese Speakers
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0743500202/
・Pimsleur English III for Japanese Speakers
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/074350044X/
各35893円=10万7679円

Espress 「スピードラーニング」 http://www.espritline.jp/sl/english/index.html
初級・中級・上級各73710円 = 22万1130円 (送料別)1050063210


語学教室

NOVA http://www.nova.ne.jp/

■一般のコース入学金31,500円
■普通の少人数(3〜4人)レッスン
  月々6〜7000円×一年=72000〜84000円
------------------------------------------------
■VOICE入会金 52500円
■VOICE型受講(自由に出入りできる雑談スペース)
  1チケット1690〜2680円
------------------------------------------------
●NOVAの諸費用●(2006年3月改定)※正確な情報は各ブランチで確認のこと
■レッスン料金(税込み価格表示)
入学金 31500円(A、B地域共通:地域コードの詳細は各ブランチへ)
A地域(主に東京など:プライスリスト終面に"A"マーク) 
B地域(その他:プライスリスト終面に"B"マーク)

(A地域のみ表示)
購入単位 レッスン単価   総額
 600P   1617円   970270円
 510P   1848円   942480円
 420P   1974円   829080円
 330P   2184円   720720円
 270P   2373円   640710円
 210P   2499円   524790円
 150P   2709円   406350円_______↑(有効期間3年間)↑_______
 100P   2772円   277200円
  60P   2982円   178920円
  25P   3990円    99750円

■VOICEチケット 入会金 52500円
      1枚単価    総額 
100枚 1701円 170100円
 50枚 1806円  90300円
 30枚 1995円  59850円
 20枚 2499円  49980円
 10枚 2688円  26880円

(参考) VOICEFREEPASS(2006年は1月末、3月末、4月末に販売開始)
1ヶ月間有効パス 12800円
2ヶ月間有効パス 19800円
※今後のパスの販売予定は不明
------------------------------------------------

某掲示板より。なんだかんだで年間10万以上。1年で身に付くはずもなく最終的にはウン十万。










■・・・・などなど、さまざまな通信教育や駅前留学がありますが、やはりどれも10万とか20万とかかかるようです。裕福な方なら遠慮なくこれらの教材を利用しましょう。


■しかし、私は予備校にも塾にも通えないくらいの貧乏だったので、10万も正直きつい。やっぱり大金を払えないような人は英語が出来るようになるのは無理なのかな・・・と悲しい気分にさいなまれました。ところが、Xさんから思いがいけない教材を教えてもらうことが出来ました。次のページで説明します。


■ちなみに、ご存知のとおり2008年現在ではNOVAは破産しました。http://www.nova.ne.jp/ メディア情報では、いい加減な外国人教師とかボッタクリ料金とか、授業料の未返還とかずいぶん話題になっていましたね。しかも社長まで逮捕されておそらく復活はないでしょう。


■・・・と思ったらジーコムNOVAとか言う名称で新たに復活したみたいです https://www.gcom-nova.jp/form/index.html ま、私ならNOVAのようなところへは行きませんね、信用できませんし。このように、語学教育もリスクはつきものです。高ければ効果があるのかというと必ずしもそうではありません。高いだけでまったく英語が身につけられないとなるとお金の無駄になります。


次は、究極のリスニング素材とは何か? 次のページ


目次にもどる


inserted by FC2 system