独学派データベース >> 学問・受験 >> 「英語⇔英語」 >> 5:具体的『英語⇔英語』勉強法 >> 5-7:英英辞典


5-7:英英辞典

どのような英英辞典を使えばよいのか
×「英和辞典」 △「英英和辞典」 ◎「英英辞典」
のススメ

※できる限り「英英辞典」を使ってください。
『英語⇔英語』の脳の神経回路構築のためには英英辞典であることが必要です。
中学レベルの基本単語も身についていないという人だけ
「英英和辞典」を使うようにしてください


5-7-0:英英辞典導入


■以下では英英辞典について書きたいと思います。


■まず、皆さんが英単語を調べるときは何で調べるでしょうか?おそらく学校で教わったのは、わからない単語に出会ったら「英和辞典」でしらべるでしょう。


■しかし、私は英和辞典を使うことをお勧めしません。なぜでしょうか。なぜなら、英和辞典で調べてしまうと、せっかく英語を英語で理解すると言う「英語⇔英語」の脳の神経回路を構築しようとしている(○)のに「英語⇔日本語」という脳の神経回路が構築されてしまう(×)からです。

ちなみに、偉大なる先輩方もこう指摘しています。

自分の小さな「鳥カゴ」から飛び立ちなさい ※ハーバード大卒、国際決済銀行や経済協力開発機構を経て現在京都大学国際高等教育院教授
P87〜 「英英辞典」で英語で考えるクセをつける 「英和辞典」を使ったほうが早く正解にたどり着くことが出来ます。しかし、単に日本語に置き換えてしまうのではなく、英語を英語で説明することによって英語で考えるクセが身につきます。また、専門用語や普段あまり使わない単語は暗記していないものですが、適当なが単語が見つからなくても、単語の意味を説明することで会話を進めることができます。(略)どんな辞書を使うのかは好みもありますが、最初から難しい物を用意する必要はありません。(略)このように日本語から外国語に変換するのではなく、最初から外国語で考えることに慣れること。(略)外国語で考えることができるようになれば、すぐに上達します。1つの外国語を学ぶと他の外国語も習得しやすくなる秘訣は、外国語で考えられるようになること、わたしはそう実感しています。
古代への情熱―シュリーマン自伝 (岩波文庫)  ※18ヶ国語を操りトロイア遺跡を発見した考古学者であり実業家
P25 私はあらゆる言語の習得を容易にする一方法を発見した。このかんたんな方法とはまずつぎのことにある。非常に多く音読すること決して翻訳しないこと毎日一時間をあてること常に興味のある対象について作文を書くこと、それを教師の指導によって修正すること、前日直されたものを暗記して、つぎの時間に暗誦すること(略)私はこのような方法をなんぴとにも推薦する。このようにして私は半か年の間に英語の基礎的知識をわがものにすることができた。つぎに私は同じ方法をフランス語の勉強にも適用して、つぎの六ヶ月でそれに熟達した。(略)この不休の猛勉強によって1年間に私の記憶力は強くなり、オランダ語、スペイン語、イタリア語、およびポルトガル語の習得が非常に容易になった。

P36 私は2ヵ年にわたって、ひたすら古典ギリシア文学に専念して、この時日の間にほとんどすべての古代古典作家をざっと呼んだが(略)ギリシア語文法といえば、私はただ名詞変化と規則動詞と不規則動詞を学んだだけであって、貴重な時間の一瞬も、文法上の規則の勉強のために費やさなかった。そのわけは、ギウナジウムの8か年を通じて、たしかに時にはさらに長く、退屈な文法上の規則に苦しめられいじめられたすべての若者のうちで、ただの一人も一見して明らかな数百の誤りを犯すことなしに、1通のギリシャ語の手紙も書くことが出来ないことを私は知っていたから、私は学校でとられている方法は全く間違っていると、かたく信じなければならなかったからである。私の見解では、ギリシャ語文法の基礎的知識はただ実地によってのみ、すなわち古典散文を注意して読むこと、そのうちから範例を暗記することによってのみ、わがものとすることができるのである。私はこの最も簡単な方法によったために、古代ギリシャ語をまるで現行語のように覚えた。こうして実際に私はそれを全くりゅうちょうに書き、またどのような題目についてもやすやすと話し、またいつまでもこの言葉を忘れることは無い。私はそれが文法書に記入してあるか、否かは知らないにしても、どのような文法の規則も知っている。

「ピーター流らくらく学習術」 ピーターフランクル (岩波ジュニア新書) ※12ヶ国語を操り71年数学国際オリンピック金メダル 大道芸人

P114〜121 外国語を勉強するときは、ほかの事を勉強する際も、その道の上手な人をまねすればいいとぼくは思っています。 〜略〜 外国語を勉強するときはだれの真似をすればいいでしょうか。 〜略〜 そこらにいる小さな子供なのです。 〜略〜 子供がしないのに大人がしていることを二つ紹介します。ひとつは文法の勉強です。 〜略〜 もう一つ、子供がしなくて大人がすることは翻訳です。子供が翻訳できないのはあたりまえです。他の言語はまったく分かりませんから、もちろん翻訳することはできません。このことから、翻訳をしなくても言語は勉強できるということがわかります。翻訳しないからこそ、いろいろな概念を正確に覚えることができるのです。 〜略〜 翻訳しないからこそ、子供の頭には正しい概念が生まれるのです。 〜略〜 僕は外国語で話す際には、できる限り頭の中では翻訳をしないことにしているのです。








ではどのような辞書で英単語を調べたらよいのでしょうか。それは、英語を学習するのだから英語を英語のまま学習できる辞書がいいということになります。そこで登場するのが
「英英辞典」後ほどお勧めの英英辞典とその使い方を紹介します
です。


■英英辞典というのはどういう辞典なのでしょうか。「英英辞典」は単語をよりやさしい単語(基本単語)で組み合わせた文章で説明してある辞書です。たとえれば英語でできた国語辞典のようなものです。


■本来、「英語⇔英語」の脳の神経回路を構築するための一番正しい単語の調べ方としては
1:わからない単語を英英辞典で調べる
2:調べた単語を解説している文章の中にまたわからない単語があったら、その単語を英英辞典で調べる
3:以下その繰り返し

と言う順序で調べる方法が一番正しいやり方です。この方法だと日本語は一切介入しません

日本語を一切の介入させないで英語を英語として理解することが可能(○)

になるのです。中学生や高校1〜2年生ならばこの方法でやるべきです。若いうちほど英語⇔英語の脳の神経回路は構築されやすいので若いうちから英英辞典で英語を勉強すべきなのです。


■ところで、英英辞典を使うに当たって初学者は躓きます。なぜなら、英英辞典は2000〜3000の基本英単語で構成されています。日本語は一切出てきません。なので、この基本単語(2000〜3000)を知っていないとなかなか思うように進まないのです。詳しくは基本単語2000の学習方法で説明しています。


■まずは基本英単語2000語ほどを身につけるのが一番確実なのですが、しかし、基本単語が身についていなくても諦めないでください。基本英単語2000語を知らなくても英英辞典で上達する方法があります。


■そこで英英辞典の導入をお話しましょう。英英辞典をどうやって使っていけばいいのかを説明します。



■ますは英英辞典で、すでに知っている簡単な単語を調べるのです。すでに知っている単語ですから、当然概念や意味はわかるでしょう。例えば例えば

「school」

でもよいでしょう。あえて日本語で言えば「学校」と言う意味ですね。それを英英辞典ではどのように書かれているでしょうか。

■例えばオックスフォード英英辞典ではこのように書いてあります。

「a place where children go to be educated」

これなら中学レベルの人でも大体意味はわかるのではないでしょうか。

■つぎに

「football」

を調べてみましょうか。するとオックスフォード英英辞典ではこのように書いてあります。

「a game played by two teams of 11 players, using a round ball which players kick up and down the playing field (= the pitch).
Teams try to kick the ball into the other team’s goal

これも大体意味はわかるのではないでしょうか。

■このように英英辞典をはじめて使う人は、自分がすでに知っている概念を調べることで、英英辞典ではどのように表現されているのかと言うことがわかります。これを繰り返していくことで自然と基本英単語を身につけることもできるのです。

■以上のようにして、暇なときに知っている単語をどんどん英英辞典で調べていくことで自然と英語の表現が身につき単語力も身についていきます。

次のページ

目次にもどる


inserted by FC2 system