独学派データベース >> 学問・受験 >> 「英語⇔英語」 >> 6:注意点


6:注意点


6-1:「英語⇔英語」リスニング方式
(反復リスニング法)で
勉強する際の注意点「1」
日本語を正確に暗記してからCDを聴いてはなりません


■私はキリスト教徒でないため、聖書に関しては無知、知識0なので、一応聖書の概略くらいはつかんでおいたほうがいいかと思いました。なので、日本語の聖書がほしかったのですが、日本の聖書は3000円位するので高いから買うのやめました。探したらネットでオンラインで読める無料の電網聖書The Denmo Bible(http://www.cozoh.org/denmo/)というのがあったのでそこで内容の大まかなあらすじをつかんで、後はCDを聞きまくるという勉強法をとりました。(後日本棚を探してたら世界の名著シリーズの「聖書」を見つけた。ラッキー!私はそれを利用して日本語のあらすじをつかむことにしました。NIVとマッチしててかなり正確な約なので重宝しています。ただ、世界の名著シリーズの「聖書」はもう売っていないので、皆さんが使うとしたら和英対照聖書のバイリンガル聖書がお勧めです。)

■ここで注意をしなければなりませんのですが、何度も書いてきたが、英語を日本語として理解してはだめなのです。英語を英語として理解しなければなりません。なので、日本語を正確に暗記してからCDを聴いてはなりません。なぜなら「科学的な外国語学習法―日本人のための最も効率のよい学び方」にも書いてあるとおり、

正しい外国語勉強法は、外国語を聞いてそのまま外国語として理解することであって、そのために外国語を外国語として理解する脳の神経回路を作り上げるような勉強法をとることが大事

なのです。ところが、日本語を正確に暗記してからCDを聞いてしまうと、英語を無意識のうちに頭の中で日本語に翻訳しなおして理解する勉強法になってしまうので、英語を日本語として理解する脳の神経回路を使ってしまいます。それを繰り返すと誤った神経回路(本来の正しい学習脳神経回路と異なった脳の神経回路)が出来上がってしまって、神経回路の修復は困難となってしまいます。それは誤った勉強法であり、その誤った勉強法を続けて「英語を日本語として理解する脳の神経回路」が出来上がってしまうと英語を習得するのは困難になるのです。英語を頭の中で日本語に翻訳する勉強法は"最悪の勉強法"なのです。そこに気をつけなければならない。英語を英語のまま読める ようになるのがコツであり、大事なのです。簡単にチャートで示すとこうなります。

誤った聖書CD勉強法
日本語を正確に暗記 → CDを聴く → 英語を無意識のうちに頭の中で日本語に翻訳して理解 → 無意識のうちに返り読みの形になってしまう → 無意識のうちに英語を日本語に訳す脳の神経回路の形成 → 英語を学習するのが困難になる → (´・ω・`):;.:...
正しい聖書CD勉強法
日本語であらすじだけつかむ → CDを聴く → 英語を英語として理解 → 返り読みせずに頭からスムーズに文を読める → 英語を英語として理解する脳の神経回路が形成される → 英語を学習するのに適した神経回路 → \( ・∀・)/
ということになります。この点を注意して勉強していってほしいと思います。

■そしてさらに、リスニングしながら即座に自分で同じように繰り返して発音する練習(リスニングシャドーイングというらしい)をしましょう。ただ聴いていればしゃべれるようになるわけではありません。やはり自分で発音して間違った発音をしないようにすることも大事です。

目次へ戻る


6−2:「英語⇔英語」リスニング方式
(反復リスニング法)で
勉強する際の注意点「2」


■そしてもうひとつの注意点として、普通に暗記が出来て普通に一般的な英語の勉強が出来る人は聖書CDによる「英語⇔英語」リスニング方式(反復リスニング)勉強法でなくてもよいということです。

■無論、英語⇔英語の脳の神経回路を構築したいのならばリスニングで勉強したほうがいいでしょう。しかし、受験にしか英語を使わず、それ以外一生英語は勉強しないというのでしたらリスニング方式で勉強する意味はあまりありません。

■「英語⇔英語」リスニング方式は一生役に立つ英語勉強法だからです。しかも、この勉強法は上記にも書いたとおり、暗記などが苦手で既存の勉強法では全く歯が立たずに、全然英語が出来るようにならなかった人のための「究極の勉強法」です。

■つまり、この「「英語⇔英語」リスニング方式(反復リスニング)勉強法」には暗記英語・既存の受験英語とは違った時間と忍耐力が必要なのです。つまり、ゴリゴリ暗記する必要はないが、同じ音源を何度も繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し聴くと言う、普通とは違った時間と忍耐力が必要なのです。

■よって、暗記英語のように暗記して即それが点数に結びつくというような勉強法ではありません。だから大学受験間近の人やTOEICテストが間近の人で、即点数に結びつく勉強法が必要な人はこの勉強法をすると大変なことになってしまいます。この勉強法は少なくとも3〜6ヶ月経たないと効果が出ない勉強法なのです。

■しかしそれさえ我慢して一生懸命聞き続けると効果が出て、それは一生役に立つ、本物の英語勉強法となるのです。

次のページ

目次にもどる


inserted by FC2 system