独学派のための参考書・問題集・参考図書データベース 学問・受験(大学受験) 「英語⇔英語」リスニング方式(究極の英語勉強法) CDからMP3ファイルの作り方


CDからMP3ファイルの作り方


CDからMP3ファイルの作り方
CDをMP3に変換していつでもどこでも勉強しよう!


■CDは買ってみたものの、CDを持ち運ぶのは不便と言う人は、CDからMP3ファイルを作ってみましょう。MP3ファイルを作れば、iPodなどに入れて持ち運べばいつでもどこでも英語の勉強ができます。自分で買ったCDなのでMP3変換は自由です。(くれぐれも作ったファイルをネット上に流さないように!)

iTuneで変換する方法


■一番簡単にMP3ファイルを作る方法は
iTune (http://www.apple.com/jp/itunes/download/)
というソフトを利用することです。このソフトはアップル社製のソフトですがWindowsにも対応しています。このソフト一つあれば簡単に、しかも設定しだいではCDを入れそのまま自動でMP3を作成することが可能で、しかもタグなどの情報もネットに接続できる環境であれば自動で取得してくれます。非常に便利です。

iTune以外の方法


■iTune以外の方法は以下の方法があります。用意するソフトは「CD2WAV32」「SCMPX」の2つです。これ2つでできます。実に簡単です。以下から手に入ります。無料ソフトです。
CD2WAV32 http://elfin.sakuratan.com/delphi.html
SCMPX http://www.din.or.jp/~ch3/scmpx.html
■この2つをインストールします。

■まずははじめの設定ですが「CD2WAV32」を起動します。
■上のほうの「設定」で設定を開きます。そして「MP3圧縮」「MP3外部圧縮プログラムの設定」「SCMPX」本体を指定します。

■ビットレートは64Kbit/sec程度で十分綺麗な音です。もっと容量を下げたい人はビットレートを下げるといいでしょう。
■変換の方法は、まずドライブにCDを入れます。そして変換したいファイルを反転させて右クリックします。そして「取り込み開始(S)」を押してあとは出力フォルダを指定すれば変換が開始されます。
■まずは音源データ取り込みが始まります
■その後、音源データがMP3ファイルに変換されます。
■これでMP3ファイルの出来上がりです。実に簡単です。時間があるときに聖書CD全部MP3に変換してiPodにでも入れて持ち運んで勉強しましょう。

目次にもどる


inserted by FC2 system