広告は自動でついています↑

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

独学派のための参考書・問題集・参考図書データベース → 歴史関連

担当:管理人A

文字サイズは(小)が見やすいです

目次フレームつきはこちら

歴史関連

管理人のお勧め度
◎   超お勧め
○   お勧め
-1 お勧めの書籍だけれど、趣旨とずれるのでマイナス一にしています。
△   まあまあ
×   買ってはならない

日本の近代シリーズ(中央公論新社) 20cm (最近出た歴史物の本で、学問的にもハイレベル
│ ├日本の近代 01 1853〜1871 ( 開国・維新 松本健一) 1998/11 378p \2,400
│ ├日本の近代 02 1871〜1890 ( 明治国家の建設 坂本多加雄) 1999/01 402p \2,400
│ ├日本の近代 03 1890〜1905 ( 明治国家の完成 御厨貴) 2001/05 448p \2,400
│ ├日本の近代 04 1905〜1924 ( 「国際化」の中の帝国日本 有馬学) 1999/05 352p \2,400
│ ├日本の近代 05 1924〜1941 ( 政党から軍部へ 北岡伸一) 1999/09 422p \2,400
│ ├日本の近代 06 1941〜1955 ( 戦争・占領・講和 五百旗頭真) 2001/04 440p \2,400
│ ├日本の近代 07 1955〜1972 ( 経済成長の果実 猪木武徳) 2000/02 366p \2,400
│ ├日本の近代 08 1972〜 ( 大国日本の揺らぎ 渡辺昭夫) 2000/03 426p \2,400
│ ├日本の近代 09 ( 逆説の軍隊 戸部良一) 1998/12 366p \2,400
│ ├日本の近代 10 ( 都市へ 鈴木博之) 1999/02 426p \2,400
│ ├日本の近代 11 ( 企業家たちの挑戦 宮本又郎) 藤隆 1999/03 458p \2,400
│ ├日本の近代 12 ( 学歴貴族の栄光と挫折 竹内洋) 1999/04 374p \2,400 
│ ├日本の近代 13 ( 官僚の風貌 水谷三公) 1999/08 410p \2,400
│ ├日本の近代 14 ( メディアと権力 佐々木隆) 1999/10 430p \2,400
│ ├日本の近代 15 ( 新技術の社会誌 鈴木淳) 1999/12 312p \2,400
│ └日本の近代 16 ( 日本の内と外 ) 2001/02 478p \2,400

戦争
  ├ヒトラー(ナチスドイツ)
  │ ├(著)アドルフ・ヒトラー
  │ │ ├わが闘争 上―完訳 角川文庫 
  │ │ └わが闘争 下―完訳  角川文庫
  │ ├シリーズ物
  │ │ ├対比列伝
  │ │ │  ├対比列伝ヒトラーとスターリン〈全三冊〉 第一巻  3900 
  │ │ │  ├対比列伝ヒトラーとスターリン〈全三冊〉 第二巻  3900 【読予定】
  │ │ │  └対比列伝ヒトラーとスターリン〈全三冊〉 第三巻  3900 【読予定】
  │ │ ├集英社文庫(著)ジョン・トーランド (翻訳)永井 淳 ¥980 (税込)
  │ │ │  ├アドルフ・ヒトラー〈1〉ある精神の形成 【読予定】
  │ │ │  ├アドルフ・ヒトラー〈2〉仮面の戦争 【読予定】
  │ │ │  ├アドルフ・ヒトラー〈3〉第二次世界大戦 【読予定】
  │ │ │  └アドルフ・ヒトラー〈4〉奈落の底へ 【読予定】
  │ │ └歴史群像シリーズ
  │ │    ├アドルフ・ヒトラー 戦略編―独機甲師団と欧州戦線 43 【読予定】
  │ │    └アドルフ・ヒトラー 権力編―わが闘争の深き傷痕 42 【読予定】
  │ └ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)
  │     ├語り伝えよ、子どもたちに ホロコーストを知る
  │     ├杉原千畝 (Web)
  │     └悲劇の少女アンネ―「アンネの日記」の筆者・感動の生涯
  │(小学校の頃に読みましたが、あの衝撃は忘れられないです。
  │これから、いい意味で戦争というものに興味を持ちました
  ├スターリン
  │ ├対比列伝ヒトラーとスターリン〈全三冊〉 第一巻  3900 
  │ ├対比列伝ヒトラーとスターリン〈全三冊〉 第二巻  3900 【読予定】
  │ └対比列伝ヒトラーとスターリン〈全三冊〉 第三巻  3900 【読予定】
  └ポルポト
    └ポル・ポト伝(本)


広告は自動でついています↓

inserted by FC2 system