独学派のための参考書・問題集・参考図書データベース → 雑誌

担当:管理人A

文字サイズは(小)が見やすいです

目次フレームつきはこちら

雑誌

ご意見掲示板



管理人のお勧め度
◎   超お勧め
○   お勧め
-1 お勧めの書籍だけれど、趣旨とずれるのでマイナス一にしています。
△   まあまあ
×   買ってはならない


音楽
BURRN! (バーン) 不 定期購読する 
一冊から買う






















ハードロック&ヘヴィメタルの専門誌 
BURRN!社長がやってる
酒井康のラジオ番組
バーンヘビーメタルシンジケートは、HM好きは必聴!
海外の有名バンドも、
まず日本で売り込むためには
この雑誌に載ることが必須になる
というほどの影響力ある雑誌!
この雑誌で高得点を取れると、
日本で売れ行きが上がるそうです。

※ヘビーメタルシンジケートの「あて先ソング」でおなじみの田川君の演奏はこちら
  YOUNG GUITAR(ヤングギター) 不 定期購読する 
■一冊から買う











ギターキッズは毎月見るべし。
1969年創刊の由緒ある音楽雑誌!
毎回いくつかの曲のタブ譜がついています。
市販のタブ譜と違って
ギタリストのインタビューと連動しているので
タブ譜の正確さが売りです。
また、最近では毎号にDVDがついてます。
世界中のスーパーギタリストの演奏が動画で見れます。
ギター好きにはこの雑誌は買い!

スーパーギタリストのページはこちら
NEWS・時事系
ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan 定期購読する 
■一冊から買う






















ニューズウィーク英語版 Newsweek 定期購読する 
■一冊から買う














































Newsweekの読解力とTOEICの点数レベルおおよその関係は下記の通りです。
TOEICのレベル 現在の読解力 Newsweekへのアプローチ
220点未満 各記事の写真や、キャプションなどNewsweekのページをめくるのが楽しい。 写真を頼りに、そのキャプションの部分を、想像力とカンを働かせて読んでみる。
220〜470点 Society & The Arts やスポーツ記事など、辞書なしで少しはわかる。 写真やイラスト、グラフなどを頼りにヘッドラインやリードを読んでみる。Periscopeに挑戦する。
470〜730点 PeriscopeやCyberscopeなどの記事が解からなくて、カンや想像で読んだ部分も、後で辞書を引けば70%ぐらい当っている。 お気に入りのページを見つけて、毎週読む。解からなかったところは必ず辞書などで確かめておく。
730〜860点 Interviewや広告、興味あるコラムなどの長文が、辞書なしでほとんど読めて、理解することができる。 Cover StoryやSpecial Reportを飛ばし読みのテクニックでスピーディーに読む。Interviewは声を出して読む。
860〜990点 Special Report や Cover Storyなどの特集記事が楽に読める。世界の動向を知ることができる。外国人の感覚が理解できる。 クイックリーディングに徹する。自分の考えや意見をまとめ、英語で表現してみる。
TIME(タイム) 定期購読する 
■一冊から買う






















いまなら定期購読するとこれがついてくるらしい

タイムフォーキッズ TIME FOR KIDS (TFK) 定期購読する 
■一冊から買う











英語教育
CNN English Express(CD付き) (月1冊 定期購読する 
一冊から買う











センター試験でもリスニングが必須になりました。
リスニングを鍛えるには生の英語を聞いて勉強しましょう。
CNN English Express(CD付き)は、
アメリカのCNN放送ニュース番組から旬なニュースを
ネイティブの、しかも発音がすばらしいアナウンサーの声で勉強できます
TOEIC対策にも!
いまならオリジナルグッズがついているらしいです。
文学
文藝春秋 【定期購読予定】 定期購読する 
一冊から買う











1923年創刊の総合月刊誌。
日本と世界の政治経済、社会問題を幅広く取り上げ、
総合誌としては日本で最も大部数を発行。
エッセー、小説なども多数掲載しており、
最も権威ある文学賞である『芥川龍之介賞』の
発表誌としても親しまれている。
政治・経済
PRESIDENT(プレジデント) 定期購読する 
■一冊から買う






















Forbes (フォーブス)日本版【定期購読予定】 定期購読する 
■一冊から買う




































この前、フォーブス誌ロシア版編集長 ポール・クレブニコフ氏(41)が何者かに射殺されました。
まさに、政治や経済の核心に迫った雑誌です。

フォーブスの太平洋支局長のフルフォード氏(※ベンジャミンフルフォード氏の書籍はこちら)の本によれば、ポール・クレブニコフ氏は、夜、事務所を出たポール・クレブニコフ氏は、地下鉄の駅に向かう途中、突然乗用車の中から銃撃を受けた。9発の弾丸のうち、4発が彼に命中し、乗用車ジグリはその場から走り去った。
 ポールは直ちに救急車で病院に搬入されたが、その時点ではまだ生きていたという。しかし、収容された病院のエレベータは、誤作動を起こした上、その場に約9分間も停止してしまう。そして、彼は治療を受けることなく命を落としたらしいです。

世界ネットの総合ビジネス誌。歴史を誇る米国「Forbes」誌と特約。世界的ネットワークで、世界と日本の厳選されたビジネス情報をお届けします。欧米はもとより、ロシア・アジア等も広くカバー。中長期のビジネス・トレンドを分析し、生の最新情報とビジネスヒントを満載。更に価値を創造する人物を徹底取材。新しい価値を創造する経済人の魂と業績を、ドラマチックに紙面に映しだします。また、わかりやすく、読みやすい記述で時々刻々複雑に変化していく経済事象や政治動向を、ストーリー性ももたせてわかりやすく解説します。
フォーブスの太平洋支局長はベンジャミンフルフォード氏です。

※ベンジャミンフルフォード氏の書籍はこちら
選択 定期購読する 
■一冊から買う






















COURRiER Japon(クーリエジャポン) (月2冊 定期購読する 
一冊から買う












































COURRiER Japon(クーリエジャポン) 2005/11/17(木)に創刊されたばかりで
まだ未知数の雑誌です。

全世界1000メディア以上の有力メディアから記事を厳選し、
日本の既存メディアが伝えない情報を月2回届きます。

※新刊ということで、リンク先に、DHTMLかFlashで見れる見本が置いてあります。

親元のクーリエ・アンテルナショナルは
世界中のメディアから記事をピックアップする
フランスの国際ニュース誌。
政治、経済、時事ニュースから社会、サイエンス、環境、エンターテイメントまで
幅広くカバーするハイクオリティな週刊誌のようです。
30代のビジネスパーソンを中心に、
学生から60代まで知的関心の高い読者から絶大な支持を得ているらしいです

ただ、クーリエ・ジャポン編集長 古賀義章氏の下の言葉はどうなんでしょう・・・↓

  誤解のないように言っておきますが、クーリエ・ジャポンは決して反米ではありません。
  わたし自身、ハンバーガーけっこう食べます。スタバ大好きです。
  iPod、忙しくてなかなか買いに行くことができずにいますが、欲しいです。
  それと、かなり私事ですが、新婚旅行、ニューヨークでした。。
 sapio (月2冊)  定期購読する 
■一冊から買う






















sapioはどちらかというと、
国際政治経済の初学者〜向けです。
※初学者といっても、大学レベル、またはそれ以上ではありますが。
豊富な図と写真と漫画でわかりやすく、
飽きることなく国際政治経済情報を習得することができます。
ただ、反中・反朝の傾きがあるのは否めないので、
フォーサイトも一緒に定期購読すると、内容中立性は保てます。
ちなみに、ゴーマニズム宣言でおなじみの
小林よしのり氏漫画がこの雑誌に掲載されています。
月2回の発送で、雑誌としては適度な厚さで、
十分読み応えがあると思います。
月2回ならば、流れの速い政治・経済情報も遅れることなく収集できます。
※今のところFujisan.co.jpでは
定期購読できないようです。
というわけで↑の定期購読は
出版元の小学館に飛びます。
 フォーサイト (月1冊)  定期購読する 
■一冊から買う
















国際政治経済情報関連の知識を深めたい人は必読!
国際政治経済情報誌としては「硬派」な雑誌です。
面白さ追求ではなく、
  内容中立性と、正確さと、知的さを追求
が売りです。
ただ、図や漫画などが用いらず、
文章中心(画像は掲載されている)なので、
飽きてしまう人もいるかも。

   面白さ・わかりやすさ → 「sapio
   内容中立性と、正確さと、知的楽しさ → 「フォーサイト

という感じでしょうか。
月1冊なので、選挙の後の出遅れ感などはあります。
仮にフォーサイトが暴走したとしても、
sapioと一緒に定期購読すると、内容中立性は保てます(笑)
法学雑誌
ジュリスト 定期購読する 
■一冊から買う











どちらかというと、受験生向けというより実務家向け
法学セミナー  定期購読する 
■一冊から買う











司法試験受験生必読!
最新の判例の動向を知るためには
この雑誌を読まねばならないでしょう。
※司法試験の論文試験では最近の判例が聞かれたりします

法学教室よりは、読み物系が多く、
楽しく学ぶことができるでしょう。
法学セミナーと法学教室と一緒に定期購読すれば、
最新の司法試験や法科大学院、
または法律動向を学ぶことができます。
法学教室  定期購読する 
一冊から買う











司法試験受験生必読!
最新の判例の動向を知るためには
この雑誌を読まねばならないでしょう。
※司法試験の論文試験では最近の判例が聞かれたりします

法学セミナーより、司法試験委員の人などの文章が多いので、
より司法試験向きで硬派な感じです。
法学セミナーと法学教室と一緒に定期購読すれば、
漏れなく最新の司法試験や法科大学院、
または法律動向を学ぶことができるでしょう。
受験新報 ■定期購読する 
一冊から買う

広告は自動でついています↓

inserted by FC2 system